FWも守備力が求められる

攻め込む

FWと言えば前線で相手ゴールに積極的に仕掛けていき、点を取ることが大きな仕事であり、必要なのは攻撃力や突破力というイメージを持っている方はサッカーファンの中にもいるのではないでしょうか。そのことは確かに重要なことではあります。しかし近代サッカーにおいては、それだけではFWの仕事がこなせているという評価をされるわけではなくなっています。それは何故でしょうか。

近代サッカーでは、過去に主流となっていた「攻守分業」の概念はなくなっており、「攻守一体」が基本的な戦術の概念と変わりました。その理由のひとつには、前線でのボールを保持し攻撃のタメを作り、MFやDFの選手が体勢を立て直し体力回復をすることができる時間を稼げることの重要性が認知されてきたことがあげられます。またそのことで、タメを作っているFW以外のFWも、裏を取ったり相手DFのマークを外して動くことができるため、そのまま攻撃に繋げる際にも有効な戦術と考えられています。

そこで忘れてはいけないことは、必ずしも「FWが自陣に戻って守備をすることが求められている」ということではないということです。チームや監督、コーチによってはFWもコートを走り回って自陣も守備することが大事と考えていることがあるかもしれませんが、それには体力の消耗や戦術の不安定化などデメリットも多数存在します。あくまでFWの守備力を評価する際には、前線でどれだけタメを作り、相手にプレスをかけ攻めていけるかという点に焦点を当てるべきでしょう。

シュート