サッカーに不可欠なムードメーカーとリーダー

勝鬨をあげる

サッカーにおいて、勝てるチームになるためには2つのタイプの選手が必要です。それは、ムードメーカーとリーダーです。強いチームには必ずと言っていいほど、このタイプの選手がチームを引っ張っています。

例えば、日本代表チーム。日本代表は主力選手がここ最近では固定されている印象が強いです。その中でも特に際立つ存在がキャプテンの長谷部誠選手とディフェンスの要であり、ムードメーカーの吉田麻也選手です。

長谷部誠選手は南アフリカワールドカップの際に、岡田監督からキャプテンに指名され、その後のザッケローニ監督、アギーレ監督、ハリルホジッチ監督とそれ以降ずっと日本代表のキャプテンを任されています。彼の存在は日本代表を試合内外で支えています。強いリーダーシップで周りの選手をまとめていると言えます。

吉田麻也選手もブラジルワールドカップの予選から日本代表に定着し、ブラジルワールドカップでは全試合フル出場、今回のロシアワールドカップの予選も全ての試合に出場しました。彼も長谷部選手同様にキャプテンシーもあり、実際に長谷部選手不在の際にキャプテンマークを巻くことも多くあります。さらに彼は、チーム内のムードメーカーでもあります。サッカー選手でありながら、ブロガーとして面白いブログを更新していることでも有名です。そのブログの中で、日本代表選手とのやり取りをたくさん更新しており、チーム内のよい雰囲気を彼が作り出していることがうかがえます。日本代表チームはリーダーの長谷部選手、ムードメーカーの吉田選手の存在で、6回連続6度目のロシアワールドカップ本大会にも出場を決めています。

日本代表だけではなく、レアルマドリードならセルヒオラモスというリーダーにマルセロというムードメーカー、アーセナルならメルテザッカーというリーダーにカソルラというムードメーカーというように、強豪チームにこの組み合わせは不可欠だと言えるでしょう。